[町田店]免疫力をアップする方法

[2021年8月27日]

こんにちは。

スポーツジムコスモス町田店です。

今回は病気にならない為の免疫力をアップする方法をお話します。

 

そもそも免疫力の高さはどの部分で決まるのか?

私達の身体には免疫細胞という、外から侵入したウイルスを排除する細胞が存在し、

身体を守ってくれていますが、免疫細胞の約7割が腸内で生成されています。

その為腸内環境の良し悪しで、免疫力の高さが変わり、腸内環境が良くなる生活を送ると、

病気になりにくい体になります。

その為腸内環境を良くする事が最優先となってきますが、一番重要なのは食生活の改善になります。

運動する事で体温が上がり腸内環境が働きやすい体温にしたり、睡眠時間を増やし腸内を休ませてあげる事で、起きている間の機能をアップすることも必要ですが、

食生活の改善は腸内環境の良くするのに約8割以上大切であるとも言われています。

食生活を変える上で、すぐに出来る事は、

①パンや小麦などの洋食を控え、和食を摂る様にする。

②お菓子や甘い物、添加物など腸内に負担になる食べ物を避ける。

③冷たい物、冷えた飲み物を控える。

④朝食8割、昼食6割、夕食4割など夕食を食べ過ぎない様にする。

⑤野菜や発酵食品など酵素が含まれているものを積極的に食べる。

 

すぐに変えられることはこの5つになります。

特にお菓子やパン、小麦粉など毎日食べているという方は、1週間のうち2日間だけ食べるなど、限定して食べる様にしてみて下さい。

この5つを参考にして病気にならない身体作りを目指していきましょう!