【自由が丘店】炭水化物を食べると太るのか?

[2020年6月26日]

炭水化物を食べると太る。

痩せたいから炭水化物を控える。

 
 
 

某有名ダイエットジムが糖質制限を推奨し、ビフォーアフターで

誰もが驚く様なダイエットの結果が出ている為、世の中に炭水化物が敵という

概念が広まっていると思います。

 
 
 

確かに炭水化物を減らすと体重が落ちるのが早いので

ダイエットして結果が出やすいのは事実です。

 

 

ですが、長い期間炭水化物を制限していると

肉体や精神にマイナスな影響を及ぼす可能性が高まります。

 
 
 

今回はまず炭水化物が太るかどうか?について

記載します。

 
 
 

炭水化物とは簡単に言うと

お米・パン・麺などを指します。

 
 
 

いわゆる主食です。

当たり前ですが、食べ過ぎたら太ります。

 
 
 
 

ですが、炭水化物の最小単位である

糖質の種類と必要量を理解すると

 
 
 

上手にコントロール出来て、無理な制限をしなくても

身体を引き締める事が出来ます。

 
 
 

そう!

炭水化物がダイエットの味方をしてくれるのです!

 
 
 
 

糖質の種類を3つに分けてみます。

 
 

① 一定量までなら脂肪にならない糖質

② いくら食べても脂肪にならない糖質

③ 食べたら脂肪になる糖質

 
 
 

① 一定量までなら太らない糖質は

ブドウ糖です。

 

お米・パン・麺などに含まれています。

1回の食事で40g程度でしたら体脂肪に変わる事無く

身体のエネルギー源となります。

 
 
 

またブドウ糖を必要量食べると、筋肉に栄養が届き

筋肉が付きやすくなったり、疲れが溜まりにくくなります。

 

実は代謝を上げる為に必要な栄養素だったりします

食べる目安の量はお茶碗軽くいっぱいです。

 
 
 

② いくら食べても太らない糖質は

 

人工甘味料です。

 

よく、ダイエット飲料などに入っているものですね。

これは人間の身体に吸収出来ないものになるで、基本は排出されます。

 
 
 

人工甘味料は肝臓で解毒を沢山しなくてはならない為

摂り過ぎは身体に負担が掛かります。

 
 
 

③ 食べたら脂肪になる糖質は

 
 

果糖です。

果糖は身体の中に入ると半分エネルギー、半分脂肪に変換されます。

体内に入ると、身体に悪さをする場合がある為、脂肪という安全な形に

変換して血液の中に入ると言われております。

 
 
 

なので、ダイエットをする場合は

果糖を極力避けて

ブドウ糖を必要量取ると

 
 
 

脂肪になるものを減らしながら

エネルギーを取る事が出来る為

 
 
 

食べながら、身体を引き締める事が可能となります。

まずは、炭水化物を敵と思わずに、お米などを必要量食べてみてください。